産経WEST

JR博多駅前で道路陥没、大きさ広がり20メートル 地下鉄工事の現場付近

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR博多駅前で道路陥没、大きさ広がり20メートル 地下鉄工事の現場付近

 福岡市博多区のJR博多駅近くの道路で8日朝、陥没が発生。周辺で停電が起きている。福岡県警によると、けが人は確認されていない。福岡市によると、道路陥没の大きさは発生直後から広がり、8日午前9時現在、約20メ-トル四方になっているという。

 現場はJR博多駅近くで、周辺の道路は通行止めとしており、県警は陥没した現場の周辺ビルに入っている人に避難するよう呼び掛けている。

 また、福岡市交通局によると、現場は市営地下鉄七隈線の延伸工事現場の地上付近で、市が関連を調べている。

 地下鉄七隈線の延伸工事をめぐっては、2年前の平成26年10月27日夕にも博多区祇園町で道路が約3メートル四方にわたり、深さ3メートル陥没した。道路の下を、七隈線延伸工事に伴い掘削中だった。陥没直前に水の流出が認められたため、車両通行を規制しており、けが人はなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • JR博多駅前で道路陥没、大きさ広がり20メートル 地下鉄工事の現場付近

「産経WEST」のランキング