産経WEST

【軍事ワールド】ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで

空中給油を行う米空軍のステルス戦闘機F-35A(米空軍HPより) 空中給油を行う米空軍のステルス戦闘機F-35A(米空軍HPより)

 もうひとつの理由は、F-35の導入そのものにまつわる不自然さだ。

なぜF-35?

 韓国空軍と政府の当初計画では、韓国空軍で老朽化したF-4ファントム戦闘機やF-5タイガーII戦闘機(いずれも米国製)の代替として、防衛事業庁が次期戦闘機(FX)の選定を開始。60機の導入を計画し、2013年6月から入札を開始した。

 F-4やF-5は、いずれも韓国内でのライセンス生産品やベトナム戦争で米軍が使用した中古機と新造機の混成装備のうえ、製造後約40年経過し老朽化していた。ただ、韓国空軍ではF-15イーグルやF-16ファイティング・ファルコンといった新鋭機も装備しており、旧ソ連製のミグ21などのレトロな戦闘機しか持たない北朝鮮の空軍相手には充分すぎる性能がある。つまり老朽化したF-4やF-5の更新は、F-15や16の追加配備で充分だったといえる。

 ところが韓国は、候補を3機種あげて入札で選ぶという手法を採った。主力戦闘機の採用では珍しい、というより、地方自治体が事務機器を購入するような手法で主力戦闘機を選ぶという異例の行動に出たのだ。

不可解…55回もの入札の結果、落札取り消し

このニュースの写真

  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで
  • ステルス戦闘機導入にも、朴槿恵大統領の友人・崔氏ら「秘線」が介入? 迎撃ミサイルシステムまで

「産経WEST」のランキング