産経WEST

中国人オタク「宅男」、大阪・日本橋に殺到…アニメ玩具100万円で爆買い 迷惑行為は相変わらず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国人オタク「宅男」、大阪・日本橋に殺到…アニメ玩具100万円で爆買い 迷惑行為は相変わらず

外国人観光客で賑わうフィギュア販売店・ジャングル大阪日本橋店=大阪市浪速区 外国人観光客で賑わうフィギュア販売店・ジャングル大阪日本橋店=大阪市浪速区

 アニメ関連のグッズや美少女フィギュアなどを扱う店が集まる大阪・日本橋に、中国語でオタクを意味する「宅男(たくお)」と呼ばれる中国人客が殺到している。客の半数を中国などの外国人が占めるという店もあり、100万円以上もするアニメの玩具を“爆買い”する姿も。かつて「でんでんタウン」の愛称で親しまれた電気街では、東京・秋葉原に並ぶ“国際的なオタクの聖地”にしようという機運が高まっている。(井上浩平)

再放送や違法動画で興味

 「アニメ『ワンピース』が大好き。日本の作品はストーリーも登場人物も魅力的です」。日本橋のホビー店「ジャングル」(大阪市浪速区)で、香港から訪れた陳建さん(40)は笑顔で話し、フィギュアを手に取った。レジでは、ほかにもアジア系の外国人客が商品を手に並んでいた。

 同店では、3、4年前から外国人客が増え始め、現在は来店者の半数を占めているという。西日本統括マネジャー、川畑寛道さん(33)は「日本の作品の再放送や、インターネットに違法アップロードされたものを見て興味を持つようだ」と説明する。

 日本でも人気の高い「ドラゴンボール」や「機動戦士ガンダム」をはじめ、昭和40年代後半に放映された「マジンガーZ」など懐かしいアニメの作品の商品も飛ぶように売れるといい、中国ではそれらの愛好者は「宅男」と呼ばれているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング