産経WEST

ネットカジノで賭博容疑、浪速区の2店舗摘発 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネットカジノで賭博容疑、浪速区の2店舗摘発 大阪府警

 インターネットを利用したカジノで客に賭博をさせたとして、大阪府警保安課は4日、常習賭博容疑で、大阪市浪速区恵美須東のネットカジノ店「ファンタジー」と同区日本橋の系列店「ファラオ」を摘発し、ファンタジー店長、山口貴志容疑者(41)=同府東大阪市客坊町=ら男5人を逮捕、送検したと発表した。

 山口容疑者らの逮捕・送検容疑は10~11月、両店舗内で、客の男女5人にネットカジノで賭博をさせたなどとしている。山口容疑者ら4人はおおむね容疑を認め、残る1人は否認している。

 府警は両店からパソコン31台を押収。ファンタジーの店内から現金約140万円が見つかったといい、経営実態の解明を進める。

「産経WEST」のランキング