産経WEST

不妊治療で医師処分、禁止の「着床前スクリーニング」実施

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


不妊治療で医師処分、禁止の「着床前スクリーニング」実施

 日本生殖医学会は2日、浜松市中区の不妊治療クリニックの男性医師が、禁止されている「着床前スクリーニング」と呼ばれる検査を実施したとして、専門医の資格を取り消したと発表した。

 着床前スクリーニングは、体外受精した受精卵の染色体の数を検査し、異常のない受精卵を子宮に戻す。ダウン症などの可能性がある受精卵も選別の対象となるため、日本産科婦人科学会(日産婦)は会告で禁じている。

 生殖医学会によると、浜松市のクリニックは6月、着床前スクリーニングを複数の妊婦に行い、1人が出産したと公表した。男性医師は、生殖医学会に「検査を望んでいる人がいた。今後は行わない」と話したという。

 生殖医学会は専門医の認定に際し、日産婦の会告を守るよう求めている。

「産経WEST」のランキング