産経WEST

九頭竜湖事件、殺害と傷害致死罪で44歳の男無期懲役 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


九頭竜湖事件、殺害と傷害致死罪で44歳の男無期懲役 名古屋地裁

 平成23年に飲食店員、森岡まどかさん=当時(27)=を殺害して福井県の九頭竜湖に遺棄し、21年に交際相手の浅埜江里さん=当時(26)=の首に鎖を巻かせ窒息死させたとして、殺人と傷害致死などの罪に問われ、死刑を求刑された林圭二被告(44)の裁判員裁判で、名古屋地裁(景山太郎裁判長)は2日、無期懲役の判決を言い渡した。

 公判で森岡さんに対する殺人と死体遺棄罪の起訴内容に争いはなく、弁護側は浅埜さんへの傷害致死罪を否認していた。

 起訴状によると23年11月、森岡さんの首を手で絞めて殺害し、九頭竜湖に遺棄したほか、21年7月に同居していた交際相手の浅埜さんを窒息死させたとしている。

「産経WEST」のランキング