産経WEST

大阪・千早赤阪村「下赤阪の棚田」幻想的に 来月12日にライトアップイベント

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・千早赤阪村「下赤阪の棚田」幻想的に 来月12日にライトアップイベント

昨年の「棚田夢灯り」。灯ろうと棚田が幻想的な風景をつくり出す 昨年の「棚田夢灯り」。灯ろうと棚田が幻想的な風景をつくり出す

 農林水産省の「日本の棚田百選」にも選ばれた大阪府千早赤阪村の「下赤阪の棚田」を約3千個の灯籠でライトアップする「金(こ)剛(ご)山(せ)の里 棚田夢灯(あか)り&収穫祭2016」が、11月12日に開催される。

 水田約250枚からなる「下赤阪の棚田」は、南北朝の武将・楠木正成ゆかりの「下赤坂城址」の西側に広がっている。当日は午後4時半に点灯が行われ、浪速中学・高校(大阪市住吉区)の雅楽部による演奏のほか、村内に伝わる伝統芸能「獅子舞」が披露される。

 また、会場近くの村立中学校では農産物やコンニャク、ベーコンといった特産の加工品などを販売する「収穫祭」(午後2時~)が開かれ、約35店舗が出店する。村は「約3千個の灯籠と棚田がつくる幻想的な風景を楽しんでほしい」と話している。

 雨天の場合は13日に順延。問い合わせはイベント実行委員会事務局のある村役場((電)0721・72・0081)。

「産経WEST」のランキング