産経WEST

橋下氏「性的接待記事」、2審も文春に賠償命令

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋下氏「性的接待記事」、2審も文春に賠償命令

平成27年12月、手を振りながら大阪市役所を退庁する橋下徹氏 平成27年12月、手を振りながら大阪市役所を退庁する橋下徹氏

 性風俗店で性的接待を受けたとする週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、橋下徹前大阪市長が発行元の文芸春秋に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。池田光宏裁判長は、名誉毀損を認定して同社に220万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を支持、それぞれの控訴を棄却した。

 判決理由で池田裁判長は橋下氏に性的接待をしたとされる記事中の女性について「真にその女性が存在するか疑問が残る。客観的な裏付けもない」と指摘。1審同様に、記事は真実と認められないと判断した。

「産経WEST」のランキング