産経WEST

【衝撃事件の核心】「溺れる顔見て楽しみたい」〝悪ノリ〟逸脱少年グループの所業 釣り人連続突き落とし、スマホで動画撮影

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「溺れる顔見て楽しみたい」〝悪ノリ〟逸脱少年グループの所業 釣り人連続突き落とし、スマホで動画撮影

釣り人が相次いで海に突き落とされる事件があり、中学生の少年グループ3人が傷害と暴行の非行内容で大阪家裁に送致された。リーダー格の少年は大阪府警の事情聴取に対し「溺れる顔を見て楽しもうと思った」と話したという 釣り人が相次いで海に突き落とされる事件があり、中学生の少年グループ3人が傷害と暴行の非行内容で大阪家裁に送致された。リーダー格の少年は大阪府警の事情聴取に対し「溺れる顔を見て楽しもうと思った」と話したという

 いくら中学生でも、死をも招きかねない所業は「悪ノリ」のレベルを超えていた。大阪府岸和田市と同府忠岡町の突堤で9月、釣り人が相次いで海に突き落とされた事件で、傷害と暴行の非行内容で12~13歳の男子中学生4人が大阪府警に補導され、うち3人が児童相談所へ送致された。「おじいちゃんだと死ぬ」「若いと抵抗される」。遊び仲間の4人は「作戦決行」にあたって入念にターゲットを選び、溺れそうになる姿を目の当たりにしながら、スマートフォンで撮影していた。グループのリーダー格だった中学2年の少年(13)をめぐり、地元から聞こえてくるのは、上位の不良にはこびを売る一方、弱い者を従属させるという卑劣な「ヤンキー」としての評判だった。

「エサあげる」不意打ち

 「釣れてますか?」

 9月19日午前7時すぎ、忠岡町新浜の大津川河口付近の突堤で、1人で釣りをしていた男性会社員(56)は、まだあどけなさが残る少年に釣果を尋ねられた。次の瞬間、背中に大きな力が加わるのを感じた。視線はぐらつき、海中へ投げ出されてしまった。

 何が起きたのか理解できないまま、男性は必死に自力で岸へはい上がった。所持していた携帯電話は水没して使い物にならず、近くの釣り人が110番した。男性は突き落とされた際に首などを痛めたが、少年らはすでに逃走していた。

 約1時間前、現場から南に約2キロ離れた岸和田市材木町の突堤でも、中学2年の男子生徒(13)が同じ被害に遭っていた。

犯行動画、当日夜には「警察に捕まるとまずいと思い消した」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング