産経WEST

共産大阪府議が220万円政活費水増し、「家計に困り」飲食や住宅ローンに流用

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


共産大阪府議が220万円政活費水増し、「家計に困り」飲食や住宅ローンに流用

 共産党大阪府議団の朽原亮(くちはら・まこと)幹事長が白紙の領収書に自ら金額などを記入し、政務活動費を受け取っていた問題で、朽原氏は26日、白紙領収書に5年間で計約220万円を水増しして書き込み、不正に受け取っていたと明らかにした。飲食費や住宅ローンなどに私的流用しており、府議を辞職する意向を明らかにした。

 朽原氏は同日、府庁で記者会見を開き、「(府議会が実施している)議員報酬の3割カットもあり、家計のやりくりに困っていた」などと不正の動機を説明。水増し分を含め、白紙領収書で受給した約287万円を返還するとした。

 朽原氏をめぐっては、政活費を支出するため、白紙の領収書に自分で金額などを記入していたことが判明。朽原氏は自筆を認めたうえで、支出の実態はあったなどとしていた。

このニュースの写真

  • 共産大阪府議が220万円政活費水増し、「家計に困り」飲食や住宅ローンに流用

「産経WEST」のランキング