産経WEST

「資金繰りが厳しくて…」被後見人から数百万着服か 徳島の社会福祉士を県警捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「資金繰りが厳しくて…」被後見人から数百万着服か 徳島の社会福祉士を県警捜査

 徳島県社会福祉士会の元副会長(49)が、成年後見人として管理していた被後見人ら5人の銀行口座から計数百万円を着服した疑いがあることが23日、捜査関係者への取材で分かった。徳島家裁は元副会長を業務上横領容疑で刑事告発しており、県警が捜査している。

 捜査関係者によると、元副会長は徳島家裁から選任されて後見人や保佐人を務めていたが、管理していた知的障害者ら5人の口座から、数年にわたって計数百万円を着服した疑いがある。家裁の審査時には、金額を改ざんした預金通帳のコピーを提出するなどして発覚を免れていたという。

 元副会長は県警の任意の事情聴取に「経営していた介護支援事業所の資金繰りが厳しく、従業員の給料に充てた」と釈明しているという。

 県社会福祉士会は23日、臨時総会を開いて元副会長を除名処分にした。

「産経WEST」のランキング