産経WEST

【門真4人殺傷】手袋はめて痕跡隠しか、容疑者自宅からノコギリやチェーンソー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【門真4人殺傷】
手袋はめて痕跡隠しか、容疑者自宅からノコギリやチェーンソー

送検のため門真警察署を出る小林裕真容疑者を乗せた車両=20日午後1時4分、大阪府門真市(柿平博文撮影) 送検のため門真警察署を出る小林裕真容疑者を乗せた車両=20日午後1時4分、大阪府門真市(柿平博文撮影)

 大阪府門真市四宮の大工、川上幸伸さん(43)方で一家4人が刃物で襲われ、川上さんが死亡、3人が負傷した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された定時制高校生、小林裕真(ゆうま)容疑者(24)が犯行当時、手袋をはめていたとみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。小林容疑者の自宅を家宅捜索したところ、部屋からチェーンソーやノコギリ、サバイバルナイフ、銃刀類の登録証が見つかっていたことも判明。大阪府警は刃物類を収集していた経緯を調べる。

 捜査関係者によると、現場からは血の付いた短刀のほかに手袋が見つかった。小林容疑者が所持していたリュックサックの中には刺し身包丁やナタに加えて、窓ガラスを割るのに使ったとみられるガスバーナー、雑巾、タオル、ナイロン袋1枚、黒色の作業靴も入っていた。

 作業靴は新品でなく、小林容疑者が普段使っていたものとみられる。小林容疑者は靴を脱いで靴下で民家内に侵入しており、指紋や足跡などの痕跡や物音を消す狙いがあったとみられる。

 こうした状況から、府警は小林容疑者が入念に準備していたとみているが、川上さん一家との接点は確認できていない。調べに対し「私はだまされていた」などと供述している。府警は20日、殺人容疑で送検し、動機の解明を進める方針。

「産経WEST」のランキング