産経WEST

視覚障害者の男性が特急にはねられ死亡 一体なぜ…? 大阪・柏原市の近鉄大阪線

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


視覚障害者の男性が特急にはねられ死亡 一体なぜ…? 大阪・柏原市の近鉄大阪線

 16日午前11時10分ごろ、大阪府柏原市国分本町の近鉄大阪線河内国分駅で、大阪上本町発鳥羽行き特急電車(4両編成)に40代ぐらいの男性がはねられ、全身を強く打ち死亡した。乗客約70人にけがはなかった。消防などによると、男性は視覚障害者だったといい、大阪府警柏原署は身元確認を急ぐとともに、詳しい状況を調べている。

 同署や近鉄によると、男性がホーム端付近の線路内に倒れているのを運転士が発見、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。駅のホームには、転落防止用の柵などは設置されていなかった。消防によると、男性がホームの端にいて特急と接触したとの情報もある。

 この事故で、大阪線は高安―五位堂間の上下線で約1時間半にわたり運転を見合わせるなど、ダイヤが大幅に乱れた。

 

「産経WEST」のランキング