産経WEST

【浪速風】なぜ被害者より加害者を(10月11日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
なぜ被害者より加害者を(10月11日)

 瀬戸内寂聴さんにお尋ねしたい。「殺したがるばかども」とは誰を指しているのですか。まさか「罪を命で償ってもらいたい」と極刑を望む犯罪被害者・遺族ではないでしょうね。日本弁護士連合会が死刑廃止宣言を採択した人権擁護大会のシンポジウムに寄せたビデオメッセージである。

 ▼日本の死刑制度を「恥ずかしい」として、「人間が人間を殺すのは一番野蛮なこと。皆さん頑張って『殺さない』って大きな声で唱えてください」。そして「殺したがるばかどもと戦ってください」。自らも妻を殺された岡村勲弁護士は「ばか呼ばわりされるいわれはない」と憤った。

 ▼内閣府の調査では、約8割が「死刑もやむを得ない」と答え、終身刑を導入しても「死刑を廃止しない方がよい」が過半数だった。極刑を免れ、出所後に再び凶悪犯罪を犯す例もある。日弁連は、死刑廃止は「世界の潮流」とするが、「なぜ被害者より加害者を助けるのか」という声は少なくない。

「産経WEST」のランキング