産経WEST

【大学の女子力】ロボット開発が自己成長の場 大阪電気通信大(1)工学部電子機械工学科3年、乾結貴さん(21)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大学の女子力】
ロボット開発が自己成長の場 大阪電気通信大(1)工学部電子機械工学科3年、乾結貴さん(21)

自由工房でマイクロマウスを操作する乾結貴さん 自由工房でマイクロマウスを操作する乾結貴さん

 今年7月10日、大阪・南港のATC(アジア太平洋トレードセンター)でマイクロマウス関西地区大会が開かれた。マイクロマウスとはマイクロコンピューターを搭載した小型ロボットのこと。迷路の中を自律制御しながら走らせ、その速さを競う。

 大学生や専門学校生らがエントリーした会場には、大阪電気通信大学工学部電子機械工学科3年の乾結貴さん(21)の姿もあった。3カ月がかりでマイクロマウスを完成させ、「うさコーン」と名づけて出場。競技中は壁にぶつかるハプニングもあったが、見事にゴールを果たした。入賞はできなかったが、「完走できたのが本当にうれしい」と笑顔を見せた。

◎   ◎

 出場のきっかけは今春、学内でロボット開発を行う「自由工房」のメンバーに志願したことだ。大学プロジェクトの一つで学部・学科を問わず参加できる。既にヒト型、知能、レスキューといった各分野のロボットプロジェクトが稼働。乾さんはマイクロマウス部門を新たに立ち上げ、中心メンバーとして活動する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング