産経WEST

京セラに美術館命名権 50年50億円で売却 京都市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京セラに美術館命名権 50年50億円で売却 京都市

異例の命名権売却で、今後50年間「京都市京セラ美術館」となる京都市美術館=6日午後、京都市左京区 異例の命名権売却で、今後50年間「京都市京セラ美術館」となる京都市美術館=6日午後、京都市左京区

 京都市は6日、平成31(2019)年度にリニューアルオープンを計画している市美術館の愛称を決める命名権(ネーミングライツ)を京セラ(京都市伏見区)に売却し、愛称を「京都市京セラ美術館」とすると発表した。売却額は50年で約50億円。再整備の工事費に充てる。

 市によると、主な公立美術館の命名権売却は全国でも異例という。

 応募は京セラ1社のみで、50億円を29~31年度に分割納付する。同社が運営する美術館と連携した展覧会を検討するなどとしている。

 京都市美術館は昭和8(1933)年に完成。老朽化が進み、市は約100億円で耐震化や新館の建設を計画している。今年11月をめどに契約の基本合意書を締結する。

 命名権の売却を巡っては、市議会から「歴史ある美術館にそぐわない」などと反対意見が相次ぎ、全国の美術関係者も再考を求める意見書を市長宛てに送付するなどしている。

「産経WEST」のランキング