産経WEST

夢叶え全米チアダンス4連覇! 福井商チアリーダー部が広瀬すず主演映画に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


夢叶え全米チアダンス4連覇! 福井商チアリーダー部が広瀬すず主演映画に

練習する福井県立福井商業高チアリーダー部「JETS」のメンバー 練習する福井県立福井商業高チアリーダー部「JETS」のメンバー

 平成18年の創部からわずか3年で全米チアダンス選手権大会優勝を成し遂げ、昨年までに4連覇の快進撃を続ける福井県立福井商業高チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」を題材にした映画が、来春公開される。チア部を設立した顧問の五十嵐裕子さん(48)は「普通の女の子が夢をかなえる話。人は変われると証明してくれた」と話している。

 映画は、女優の広瀬すずさん演じる主人公が、創部から間もないチア部に入るところから始まる。スパルタな環境に耐えきれず、次々に先輩が去っていく中、残った仲間と支え合いながらゼロから全米優勝を目指す青春ストーリー。

 「ありえない夢を追いかけている集団だと思われていた」と五十嵐さんは振り返る。前身はバトン部だった。野球部の応援が主な活動で、大会には出場していなかった。

 きっかけは16年、テレビで見た神奈川県立厚木高の全米大会での優勝演技。曲に合わせてジャズ、ヒップホップなどめまぐるしく調子が変わるダンスに目がくぎ付けになった。「生徒にもやらせたい」と同僚らの反対を押し切った。

 突然「全米制覇」を突きつけられ、厳しくなった部活に2、3年生は反発。60人近くいた部員は激減し、残ったのは1年生だけ。厚木高のコーチを招き、月1回の指導を撮影、入念に研究して力を付けた。21年の全米初優勝から、これまでに計6回優勝して強豪校の仲間入りを果たした。

 初制覇メンバーの三田村真帆さん(26)は「全てを吸収しようと必死だった。優勝したときは言葉にならないほどうれしかった」といい、卒業後は部のコーチを務める。

 映画は来年3月公開予定。三田村さんは「挑戦しようとする人に勇気を与えられる映画になれば」と期待を込める。

このニュースの写真

  • 夢叶え全米チアダンス4連覇! 福井商チアリーダー部が広瀬すず主演映画に
  • 夢叶え全米チアダンス4連覇! 福井商チアリーダー部が広瀬すず主演映画に

「産経WEST」のランキング