産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋本奈実の芸能なで読み】
北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で

サヨナラショーででファンに手を振る星組トップの北翔海莉さん(左)と妃海風さん=3日午後、兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影) サヨナラショーででファンに手を振る星組トップの北翔海莉さん(左)と妃海風さん=3日午後、兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)

一番のライバルは…楽な方に逃げようとする己自身だった

 「晴れ女なんですよ。だから雨にあたらないんです。いま、公演中には降っていたようですが…。上がった? イエーイ」。宝塚歌劇団星組のトップスター、北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんは笑顔で退団会見をしめた。

 “みっちゃん”こと北翔さんが10月3日、本拠地の宝塚大劇場に別れを告げた。歌、芝居、ダンスと三拍子そろった宝塚屈指の実力派トップだが、音楽学校から含めると21年間の宝塚人生は、決して順風満帆ではなかった。

 それゆえ、21年間の日々に対して何度も“修業”という言葉を使い、大階段をおりてのあいさつでは「己の弱さとの戦いだった」と表した。戦う相手は、自分だった。そこが北翔さんの“今”を導いたといっても過言ではない。

 「一番のライバルは、楽な方に逃げようとする己自身でした。でもいま、己の弱い心に勝つ、自分の限界に挑戦する精神を身につけることができたと胸を張って言えます」

幼い頃は自衛官を目指し、現役時代は超多忙なのに免許マニア…

 劇団レッスンはトップになってからも参加し続けた。ピアノ、サックス、ドラムなどの楽器や、タップダンス、フラメンコなどの芸事を個人的に学んだ。そして普通自動車免許、中型、大型、大型特殊自動車、牽引(けんいん)の運転免許まで取得している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で
  • 北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で
  • 北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で
  • 北翔海莉、雨模様のサヨナラ公演千秋楽も“晴れ女”の威力発揮-最後まで“おかげさま”の精神で

「産経WEST」のランキング