産経WEST

山口組の司組長サイン騒動で張り紙 新神戸駅、構内でうろつき、たむろなど迷惑行為禁じる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


山口組の司組長サイン騒動で張り紙 新神戸駅、構内でうろつき、たむろなど迷惑行為禁じる

 JR西日本と兵庫県警は3日、神戸市の山陽新幹線新神戸駅に、構内でたむろしたり、うろついたりするなど乗客らに迷惑を掛ける行為を禁じる張り紙を掲示した。指定暴力団山口組の篠田建市(通称・司忍)組長に9月、対立する指定暴力団神戸山口組系の組員らが駅構内で怒声を上げ、サインを求める騒動があったことを受け決めた。

 張り紙は、新神戸駅長と管轄の葺合署長の連名。対象は暴力団員と特定せずに「数人でうろつくなど不安を覚えさせるような行為」や「通行の妨げとなる行為」を禁じ「違反すると直ちに退去してもらう」としている。

 JR西の担当者は「お客さまが安心して利用できる駅づくりに努めたい」と話している。

 サイン騒動は9月5日にあり、兵庫県警は同8日に駅への建造物侵入容疑で神戸山口組系の暴力団を家宅捜索した。

「産経WEST」のランキング