産経WEST

【動画】東京五輪記念の千円硬貨お目見え 大阪・造幣局で打ち初め、重量挙げ・三宅らメダリスト参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
東京五輪記念の千円硬貨お目見え 大阪・造幣局で打ち初め、重量挙げ・三宅らメダリスト参加

東京五輪(右)・パラリンピックを記念して発行される千円硬貨=28日午後、大阪市北区の造幣局 東京五輪(右)・パラリンピックを記念して発行される千円硬貨=28日午後、大阪市北区の造幣局

 平成32(2020)年開催の東京五輪・パラリンピックを記念して発行される千円硬貨の打ち初め式が28日、大阪市北区の造幣局で開かれた。リオデジャネイロ五輪の重量挙げで銅メダルを獲得した三宅宏実さん(30)らが出席し、「20年に向けて気持ちが高まりました」と喜んだ。

純銀製…森喜朗会長「家宝にしたい」

 式典には他に、リオ五輪競泳で銅メダルの松田丈志さん(32)と、パラリンピック車いすテニス女子で銅メダルの上地結衣さん(22)が参加。3人が製造開始のボタンを押し込むと、記念硬貨が打ち出された。

 松田さんは「世界中の人に楽しんでもらえると思う」と強調。上地さんは「リオでもらったメダルと同じくらいすてきに輝いている」と笑った。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は「見事な硬貨で、家宝にしたいくらい。東京大会の成功につなげたい」とあいさつした。

 硬貨は純銀製で、図柄は五輪とパラリンピックの計2種類。リオからの開催地引き継ぎをテーマに、両面カラーで桜や大会旗の意匠を凝らした。

 1枚9500円で、各5万枚の計10万枚を発行する。申し込みは、はがきか造幣局のオンラインショップで10月11日まで受け付ける。

このニュースの写真

  • 東京五輪記念の千円硬貨お目見え 大阪・造幣局で打ち初め、重量挙げ・三宅らメダリスト参加
  • 東京五輪記念の千円硬貨お目見え 大阪・造幣局で打ち初め、重量挙げ・三宅らメダリスト参加

「産経WEST」のランキング