産経WEST

「オタツーリズム」で日本のアニメ発信 その名も「OTA BASE」、大阪・ミナミに誕生

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「オタツーリズム」で日本のアニメ発信 その名も「OTA BASE」、大阪・ミナミに誕生

ポップカルチャーの発信拠点「OTA BASE(宅男基地)」では外国人観光客がコスプレを楽しむこともできる=大阪市中央区 ポップカルチャーの発信拠点「OTA BASE(宅男基地)」では外国人観光客がコスプレを楽しむこともできる=大阪市中央区

 アニメやファッションなど日本が誇るポップカルチャーを外国人観光客に発信する拠点「OTA BASE(オタベース、宅男基地)」が大阪・心斎橋に誕生した。アニメの舞台となった場所の観光・イベント情報を提供するほか、常駐する中国人の「オタクスタッフ」がディープな質問にも対応。セーラー服やアニメの衣装を着てコスプレも楽しめる。運営する旅行大手「エイチ・アイ・エス(HIS)」は“オタクツーリズム”で新たな客を呼び込みたい考えだ。

 心斎橋オーパ8階の面積300坪以上を誇る国内最大級の観光案内所「OSAKA TOURIST INFORMATION CENTER」。その一角に「オタクの部屋」をコンセプトにしたスペース「オタベース」がある。

 「名探偵コナン」など、人気アニメの舞台を巡る「聖地巡礼」をPRするチラシが、英語や中国語の説明とともに置かれ、自由に持ち帰ることができる。スタッフは英語、中国語、韓国語、タイ語など6カ国語に対応。アニメに詳しい中国人スタッフも常駐し、アニメマニアの外国人への応対も可能だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「オタツーリズム」で日本のアニメ発信 その名も「OTA BASE」、大阪・ミナミに誕生

「産経WEST」のランキング