産経WEST

【軍事ワールド】戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」

高い機動力を見せるAH-64ロングボウアパッチ(岡田敏彦撮影) 高い機動力を見せるAH-64ロングボウアパッチ(岡田敏彦撮影)

 静岡県の東富士演習場で8月28日に実施された、陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」(総火演)。演習のテーマは5年連続で「離島の防衛と奪回」とされた。前回の本稿では10式などの戦車や火砲にスポットをあてたが、今回は敵の上陸部隊を空から制圧するヘリコプター部隊を紹介する。(岡田敏彦)

空から制圧

 総火演でのシナリオは、離島の奪還のため、陸海空自衛隊が統合作戦を行うというものだ。海上自衛隊のP-3C対潜哨戒機が侵攻してくる敵上陸部隊を察知し、航空自衛隊のF-2戦闘機が翼下に搭載した対艦ミサイルで攻撃を行う。なお残存し上陸してきた敵の戦車や装甲車といった陸上部隊の制圧に大きな役割を果たすのが、AH-64「アパッチ」と、AH-1「コブラ」の攻撃ヘリだ。

山の稜線に突然現れミサイル発射、下に隠れたと思えば別の場所から現れ機関砲で攻撃

このニュースの写真

  • 戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」
  • 戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」
  • 戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」
  • 戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」
  • 戦場の“猛禽類”武装ヘリ 総合火力演習に舞う 陸空協調の「エアランドバトル」

「産経WEST」のランキング