産経WEST

メッキではなかった! 春日大社の国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」のつばや柄は純金

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


メッキではなかった! 春日大社の国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」のつばや柄は純金

金具の多くが純金だった国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」=26日午後、奈良市の春日大社(山田哲司撮影) 金具の多くが純金だった国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」=26日午後、奈良市の春日大社(山田哲司撮影)

 春日大社(奈良市)が所蔵し、植物や鳥の繊細な彫金が入った平安時代の国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」(総長96・3センチ)のつばや柄などの金具部分が、従来考えられてきたメッキではなく、ほぼ純金だったことが分かり、春日大社が26日、発表した。

 儀式用に使われていたと考えられており、完全な形で残る毛抜形太刀は他に伊勢神宮(三重県)にしかない。春日大社は「国内の同時代の太刀には類例がなく、画期的な発見だ」としている。

 春日大社によると、太刀のレプリカを作るため、素材の分析を奈良文化財研究所に依頼。エックス線CTスキャンや蛍光エックス線分析などをした結果、金具の大部分がほぼ純金と判明した。22~23金とみられるという。

 彫金のある金具のほか、金粉をまぶしたさやには夜光貝の破片やガラス、琥珀などをはめ込み、竹林でスズメを追う猫を表現。国内の彫金工芸や螺鈿細工の傑作とされ、同時代の太刀に比べて金具の輝きが際立っていたという。

 奉納者は不明だが、幼いころから猫が好きで、春日大社とゆかりがあった摂関家、藤原頼長という説もある。

 太刀は10月1~31日、春日大社国宝殿で展示される。

「産経WEST」のランキング