産経WEST

昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開

修復が完了した「くろがね四起」(岡田敏彦撮影) 修復が完了した「くろがね四起」(岡田敏彦撮影)

 戦前の昭和初期に日本が初めて開発、量産した小型四輪駆動車「くろがね四起(よんき)」が約2年間にわたる修復作業を終え、25日に静岡県御殿場市内のホテルで一般公開が行われた。新車同様によみがえった歴史的名車を前に、来場者は昭和の「日本のものづくりの技術」に思いを馳せた。

ネット上の小口募金で復活

 くろがね四起は東京都にあった「日本内燃機」が昭和9(1934)年に開発、第二次大戦終結までに約4500台が生産され、陸海軍で使用された。小型四輪駆動車の量産化はくろがね四起が世界初で、有名な米国の「ジープ」(バンタムBRC)より約6年先んじていた。

 今回修復されたのは、京都市の自動車修理会社「日工自動車」が保管していた個体。同社の永田雄三社長は「中国北部から持ち帰ったと聞いている。昭和29年ごろに手に入れ、乗り回しました」という。その後故障したとき、すでに修理パーツはなく、いつか修復しようと思い保存し続けてきた。約3年前に御殿場市のNPO法人「防衛技術博物館を創る会」(小林雅彦代表理事)がこの保存車の存在を知り、同会が修復を条件に引き取った。

 各部が破損しサビだらけという状態で修復には多額の資金が必要とみられたため、同会ではネットを通じて不特定多数の人に小口で募金を募る「クラウドファンディング」で支援を呼びかけたところ約1300万円の寄付が集まり、約2年前から修復作業に着手した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開
  • 昭和初期の名車「くろがね四起」 修復完了し25日、初の一般公開

「産経WEST」のランキング