産経WEST

【大学ラグビー】絶対王者・帝京大を止めるのは同大か天理大か 大学選手権枠削減で激戦必至の関西大学リーグ、25日に開幕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大学ラグビー】
絶対王者・帝京大を止めるのは同大か天理大か 大学選手権枠削減で激戦必至の関西大学リーグ、25日に開幕

開幕に向け、闘志を燃やす関西大学リーグ8チームの主将ら 開幕に向け、闘志を燃やす関西大学リーグ8チームの主将ら

 ラグビーの関西大学リーグが25日、京都市の宝が池球技場などで開幕する。2連覇を目指す同大、4季ぶりの王座奪還を狙う天理大が優勝争いの軸になりそうだ。

 昨季、8年ぶりに関西王者に返り咲いた同大は今季も充実の戦力を誇る。主将のロック山田有樹やSH大越元気(ともに4年)、CTB永富晨太郎(2年)ら主力が健在。エースのWTB松井千士(ちひと)(4年)は右足付け根のケガで出遅れる見通しだが、同じポジションの安田卓平(2年)が春のアジア選手権で日本代表入り。山田主将は「展開力ではどこにも負けない」と胸を張る。

 元日本代表で、現役を退いたばかりの大西将太郎氏らOB5人がコーチ陣に加わったのも心強い。接点での激しさを求め、体をぶつけ合う練習が格段に増加。関東の強豪に当たり負けしないフィジカルを作り上げた。就任4年目の山神孝志監督は「打倒帝京と口にしてもいいチームになった」と手応えをにじませる。

 昨季2位の天理大も前評判が高い。夏合宿では、明大と流通経大を相次いで破り、大学選手権準優勝の東海大とも接戦を演じた。主将のプロップ山口知貴(4年)は「弱みだったFWのフィジカルやセットプレーが強みと言えるまでになった」と話す。

続きを読む

「産経WEST」のランキング