産経WEST

【動画】修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開

修復を終えたキトラ古墳の白虎(文化庁提供) 修復を終えたキトラ古墳の白虎(文化庁提供)

 奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画を保存・展示する施設「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で24日、開館を祝う式典が行われた。

 高松塚古墳(同村)の壁画に続き、古代史ブームのけん引役となったが、カビによる劣化が判明。剥ぎ取り開始から修復終了まで12年かかった朱雀、白虎、天文図が、色鮮やかによみがえった。天文図は世界最古の本格的星宿図とされ、午後1時すぎから初めて一般公開。

 古墳に隣接する同館は、壁画を墳丘外で保存しながら展示もする国内初の施設。今後の文化財保存のモデル施設として注目されそうだ。

 キトラ古墳の玄武の発見に立ち会った同村の上田俊和さん(76)は「村民の誇る壁画が、1300年前の空気が伝わる古墳の近くで、全国の人に直接見てもらうことができてうれしい」と話した。

 修復が進む高松塚古墳の壁画も24日から、修復施設で一般公開が始まり、30日まで「飛鳥美人」で知られる西壁女子群像などの見学が可能。約1キロ南のキトラ壁画とあわせて、東アジアとの交流に強い影響を受けた古代飛鳥の世界観と美術を堪能できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開
  • 修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開
  • 修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開
  • 修復12年…キトラ壁画よみがえる 明日香村「四神の館」で公開

「産経WEST」のランキング