産経WEST

思い出レコードお彼岸に 山寺でお経の後に気兼ねなく 奈良の正定寺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


思い出レコードお彼岸に 山寺でお経の後に気兼ねなく 奈良の正定寺

彼岸の中日にレコードコンサートが開かれる正定寺の本堂=奈良県宇陀市 彼岸の中日にレコードコンサートが開かれる正定寺の本堂=奈良県宇陀市

 人里離れた山寺でお経の後にレコードを聴こうという催しが、彼岸の中日に当たる22日、奈良県宇陀市の正定寺(しょうじょうじ)で開かれる。味のある音色が見直されてきたアナログ盤だが、気兼ねなくかけられる場所は案外少ない。そこで各自がお気に入りの1枚を持ち寄り、抹茶ではなくコーヒー片手に、即席のレコードコンサートを開くという。

 正定寺は浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)の古刹(こさつ)。宗祖親鸞の玄孫、存覚によって貞和4(1348)年に創建された。標高約400メートルにあり、境内は山や田畑に囲まれている。

 催しは、奈良市内の住宅街に住む門徒から「ステレオでレコードを聴きたいが、近所迷惑になるので困っている」と相談されたことがきっかけ。彼岸の法要に合わせてステレオを持ち込んでもらい、他の愛好家や一般の参拝者も楽しめる企画とした。

 午前の法要後に「音御堂」と称するレコードコンサートを約30分ずつ、計2回開催。持ち寄ったレコードから1人1曲を選んで鑑賞し、曲にまつわる思い出やうんちくを語ってもらう。ジャンルは問わない。

続きを読む

「産経WEST」のランキング