産経WEST

台風16号九州上陸 暴風、高波、大雨に警戒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風16号九州上陸 暴風、高波、大雨に警戒

 非常に強い台風16号は九州の南西海上を東寄りに進み、20日午前0時すぎ、鹿児島県・大隅半島に上陸した。今後は列島の太平洋側を東進し、21日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、台風の接近で列島に停滞する前線の活動も活発になり、20日は西日本・東日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨、局地的には猛烈な雨が降る恐れもあり、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 レーダーの解析では、愛知県岡崎市内で19日夕、1時間に約110㍉、鹿児島県枕崎市では深夜に120㍉以上の猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表。宮崎県高鍋町でもこの地点の観測史上最大となる1時間に110・0㍉の雨を記録し、静岡県富士市では70・0㍉の非常に激しい雨が降った。枕崎市では?日未明、瞬間風速44・5㍍の非常に強い風が吹いた。

 台風16号は20日午前0時現在、鹿児島県・佐多岬付近を時速30㌔で東北東に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45㍍、最大瞬間風速は60㍍で、中心から半径110㌔以内は暴風域となっている。

 20日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部60㍍、四国45㍍、九州北部と近畿、奄美35㍍、東海30㍍。波の高さは九州南部9㍍、四国と近畿7㍍、奄美と九州北部、東海6㍍と予想している。

 21日午前0時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で四国と近畿300㍉、九州と東海250㍉、伊豆諸島200㍉、北陸180㍉、中国地方150㍉、関東甲信120㍉。

「産経WEST」のランキング