産経WEST

【熊本地震】阿蘇山上へのアクセス復活 規制解除、観光客増に期待

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
阿蘇山上へのアクセス復活 規制解除、観光客増に期待

 熊本県阿蘇市の市街地と阿蘇山上を結ぶルートで、熊本地震で被災した県道阿蘇吉田線の通行止めが16日、解除された。本震発生から5カ月。草原が広がる「草千里」など観光名所へのアクセスが復活することになり、地元は観光客の増加に期待している。

 開通するのは約10キロの区間。本震後に草千里展望所付近の道の路肩が約600メートルにわたって崩れるなど大きな被害が出ていたが、このほど応急復旧工事が完了した。

 草千里を臨む駐車場で開かれた記念式典で、阿蘇市の佐藤義興市長は「待ち望んでいた道路が開通し感無量だ」と述べた。この日は晴天に恵まれ、開通後の午前10時すぎから観光客が草千里を次々と訪れた。バイク仲間と来た名古屋市瑞穂区の小栗歩さん(21)は「雄大な景色に感動した。これから山頂の方にも行ってみたい」と話した。

 売店の営業を再開した草千里レストハウスの菊池満子さん(73)は「営業を再開できてうれしい。観光客のみなさんに美しい阿蘇の景色を見せてあげたい」と喜んでいた。

 県道は当面、午前7時から午後7時までの片側交互通行となる。産交バス(熊本市)は17日からJR阿蘇駅(阿蘇市)と阿蘇山上を結ぶ路線バスを1日2往復運行する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング