産経WEST

【関西の議論】〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット

神戸電鉄緑が丘駅に向かう粟生行きの電車=兵庫県三木市志染町広野 神戸電鉄緑が丘駅に向かう粟生行きの電車=兵庫県三木市志染町広野

 粟生線存続のため、周辺自治体も「乗って残そう」をスローガンに、あの手この手と支援策を打ち出している。

 25年に神戸電鉄粟生線活性化協議会が、マイカーなどの交通手段で移動する人たちを粟生線に引き戻そうと、粟生線の通勤定期代の一部を助成する支援策を導入したが、利用者は増えず、効果がなかなか表れない。

 同線の赤字解消が厳しい状況の中、同社は23年に乗客の少ない押部谷(神戸市西区)-粟生区間の土地や駅舎を神戸、三木、小野の3市に有償譲渡し、同社が施設を無償で借り受けて運行する「上下分離方式」を提案した。譲渡額は土地が13億円で、駅などの施設が55億円。しかし、実現しても当面は赤字が続く試算となっており、議論は進んでいない。

 一方で、県は24年、3市とともに神戸電鉄へ5年で40億円の無利子貸し付けを決定。同社の経営負担の軽減が目的だ。また、国交省の補助制度を活用して、一部施設の整備費も負担している。ただ、40億円の貸付金は29年度に一括返済することが決まっており、今後の同線のあり方について早期に方向性を示す必要性に迫られている。

 関係者によると、県と3市、神戸電鉄が非公式で上下分離方式のシミュレーションや同社の経営状況について意見交換を行っているが、抜本的な打開策を話し合う本格的な協議については日程すら決まっていないという。

代替バスもサービス向上につながらない?

 利用者減によるローカル線の廃止は後を絶たない。国交省によると、12年以降、全国で38路線が廃止となった。今月には、1年後をめどに、広島県三次(みよし)市と島根県江津市を結ぶJR三江線の廃止が発表された。

「代替バスのサービスがよくなったとは聞いたことがない」

このニュースの写真

  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット
  • 〝絶滅危惧〟赤字ローカル電車、存続か廃止か…神戸電鉄粟生線、迫るタイムリミット

「産経WEST」のランキング