産経WEST

象印元副社長ら強殺事件 西口被告に2審も死刑 「犯行は非道極まりない」大阪高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


象印元副社長ら強殺事件 西口被告に2審も死刑 「犯行は非道極まりない」大阪高裁

 堺市で平成23年、象印マホービン元副社長の尾崎宗秀(そうしゅう)さん=当時(84)=ら2人を相次いで殺害し、金品を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、西口宗宏被告(55)の控訴審判決公判が14日、大阪高裁で開かれた。後藤真理子裁判長は「強固な殺意に基づく計画性の高い犯行」として、求刑通り死刑とした1審大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 弁護側は控訴審で、1審に続き起訴内容を認めた上で「犯行の計画性は高くなく、死刑は重すぎる」として無期懲役刑が相当と主張。絞首刑が残虐な刑罰を禁じた憲法に違反するとも訴えていたが、後藤裁判長は最高裁判例をもとに死刑が合憲だと判断した1審判決について「違法性はない」とした。

 そのうえで「犯行は非道極まりなく、責任は重大。死刑をもって臨むほかないとした1審の判断は是認できる」と結論づけた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング