産経WEST

【堺連続強盗殺人公判】西口被告、二審も死刑

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺連続強盗殺人公判】
西口被告、二審も死刑

 象印マホービン元副社長の尾崎宗秀(そうしゅう)さん=当時(84)=ら2人に対する強盗殺人などの罪に問われた無職、西口宗宏被告(55)の控訴審判決で、大阪高裁は14日、一審の死刑判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側は控訴審で、被告の脳に画像検査で萎縮が認められるとして「障害により心神耗弱だった可能性がある」などと新たに主張し、死刑回避を求めていた。検察側は「責任能力の判断には何ら影響しない」と控訴棄却を求めていた。

 判決によると、西口被告は平成23年11月、商業施設の駐車場で主婦、田村武子さん=当時(67)=を車に押し込んで現金などを強奪、ラップを顔に巻き付け殺害した。翌12月には、知人だった尾崎さん宅に宅配便の配達員を装って侵入し、現金約80万円などを奪った後、尾崎さんの顔にラップを巻き付けて窒息死させた。

【詳報】二審も死刑…裁判長「強固な殺意、計画性。絞首刑…違法性ない」

「産経WEST」のランキング