PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】大迷惑!中国人観光客、レンタサイクルで古都を隊列で暴走 パンクにも「整備が悪い」と逆ギレ

 パンクし、タイヤのチューブもちぎれた状態で自転車を返却した中国人男性は「こんなことになった」と平然と話し、悪びれた様子もない。「これはさすがに修理代を請求したい」というと、「整備が悪い。パンクしたのはこちらのせいではない」と逆ギレされ、押し問答に。男性客は「適正な利用」をしたという主張を最後まで曲げなかった。

 観光中に飲食した弁当やペットボトルを自転車のかごに詰めて返却する利用客も多い。子供の使用済みおむつや、たばこの吸い殻などが無造作に詰め込まれている場合もあるという。「自転車のかごをごみ箱だとでも思っているのか。ごみの分別も大変だ」と花房さん。

マナー違反は外国人だけでない

 一方“公平”を期すためにいうと、日本人にもマナーの悪い利用者はいる。忘年会で大阪から訪れた約30人の団体客は、近鉄奈良駅周辺のコンビニ前に自転車をずらりと並べて駐輪。花房さんは、レンタサイクルのステッカーを見た店主から「自転車が並んでて迷惑。今すぐ取りに来てほしい」と怒られたという。

 さらに戻ってきた客に事情を聴くと、「班ごとに別行動で移動している。うちじゃないよ」とはぐらかされたという。

 観光地の中に住宅や店舗が立ち並ぶ奈良市中心部は自転車が走行しにくい狭い道も多く、駐輪するスペースも十分とはいえない。

通行禁止区域でも減らない違法通行

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ