産経WEST

市バス乗務中にスマホ操作 運転手を停職処分、京都市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


市バス乗務中にスマホ操作 運転手を停職処分、京都市

 京都市は9日、市バスの乗務中にスマートフォンを操作したとして、市交通局自動車部九条営業所の男性運転手(45)を停職1カ月の懲戒処分とした。

 市によると、運転手は8月17~25日、赤信号などの停車時に、スマホの画面を触り、無料通信アプリLINE(ライン)のやりとりを見た。ドライブレコーダーの記録が残っていた22~25日では計121回閲覧した。

 一方、別の20代の男性運転手が8月28日、内規に反して電源の入ったままのスマホを車内に持ち込み、ドライブレコーダーに接続し充電をしていたことも発覚。「充電が少なくて、緊急の場合は連絡ができなくなると思った」と話しており、市は処分を検討する。

「産経WEST」のランキング