産経WEST

日テレ系「24時間テレビ」にケンカ売った? Eテレ「バリバラ」騒動は「福祉に関心を持ってもらうための工夫」とNHK大阪放送局

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日テレ系「24時間テレビ」にケンカ売った? Eテレ「バリバラ」騒動は「福祉に関心を持ってもらうための工夫」とNHK大阪放送局

NHK大阪放送会館=大阪市中央区(本社ヘリから) NHK大阪放送会館=大阪市中央区(本社ヘリから)

 NHK大阪放送局の角英夫局長は8日、同局の局長定例会見で障害者のための情報バラエティー「バリバラ」(NHK・Eテレ)の8月28日放送回が話題になったことについて、「普段、福祉に関心を持っていなかった方にも関心を持っていただけた」と述べた。

 「バリバラ」は障害者の本音に迫り、福祉番組のタブーに挑戦するという番組。件の回の放送は「検証!『障害者×感動』の方程式」と題し、障害者と感動を結びつけることに疑問を投げかけるという内容。その日は、日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」が放送されており、「Eテレが本気出してる」「Eテレ攻めすぎでしょー」などとネット上で騒動となった。

 角局長は「ネットなどで反響があったと認識している。普段、福祉番組に関心がなかった方にも関心を持っていただけたのではないか」と述べた。また、番組内で「24時間-」のパロディーと取られる内容について問われると、「このテーマに関心を持っていただくための演出上の工夫」であり、「他局の番組内容についてどうというわけではなく、あくまで通常通りの放送」と答えた。

 視聴者からの反響についても「予想していたわけでもなく、狙い通りということでもない」と答え、同局によると「よくやった」という好意的な意見も、「やりすぎだ」という批判的な意見も寄せられているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング