産経WEST

【経済裏読み】続・中国人の韓国離れ…「埋め合わせは日本人客」の楽観論 反日行動は相変わらずなのに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
続・中国人の韓国離れ…「埋め合わせは日本人客」の楽観論 反日行動は相変わらずなのに

日中韓外相会談後に握手などをする、中国の王毅外相、岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相(左から)。THAADの韓国配備決定をめぐって、3カ国は観光分野で微妙な関係になっている=8月24日、東京都内(ロイター) 日中韓外相会談後に握手などをする、中国の王毅外相、岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相(左から)。THAADの韓国配備決定をめぐって、3カ国は観光分野で微妙な関係になっている=8月24日、東京都内(ロイター)

 米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備決定で、中国人観光客が減るとの懸念が広がる韓国で、日本人客で埋め合わせできるとの期待が高まっているようだ。今年6月の訪韓日本人は約18万人と前年同月を78%も上回り、10月から来年3月にかけてすでに1万人以上の団体客予約が入っているという。韓国メディアは、韓日関係悪化で2012年以降減り続けていた日本人客が増加に転じたとするが、韓国の国会議員団は、日本の朝鮮半島統治の終結を記念する「光復節」の8月15日に竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなど、日本人の心を逆なでする。

“脱中国”依存で目をつけられた日本

 韓国観光公社のまとめによると、今年1月から7月までに訪韓した外国人観光客は980万人で、前年同期に比べて34%増えた。中央日報など複数の韓国メディアが伝えており、なかでも中国人客が目立ち、7月の1カ月間に訪韓した外国人客169万人のうち中国人客は54%(91万人)を占めた。1カ月間に訪韓した中国人客が80万人を上回ったのは今回が初めてだという。

 しかし中国が米軍のTHAADの韓国配備決定に反発していることから、中国人観光客の訪韓が減るかもしれないと懸念する声がにわかに高まり、“中国依存”からの脱却が急務になっている。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング