産経WEST

【衝撃事件の核心】「睡眠妨害だ!」住民ブチ切れ、ペット施設〝鳴き声テロ〟 騒音トラブル法廷闘争の顛末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「睡眠妨害だ!」住民ブチ切れ、ペット施設〝鳴き声テロ〟 騒音トラブル法廷闘争の顛末

ある日突然、自宅の隣地に設営されたペットサロンの犬繁殖・飼育施設。平穏に暮らしていた夫婦はそれ以来、犬などの鳴き声の「騒音」で睡眠不足に悩まされることに。法廷闘争の結末は… ある日突然、自宅の隣地に設営されたペットサロンの犬繁殖・飼育施設。平穏に暮らしていた夫婦はそれ以来、犬などの鳴き声の「騒音」で睡眠不足に悩まされることに。法廷闘争の結末は…

 午前3時半。山間部にある集落の静寂を引き裂いたのは、50匹以上の犬のほえ声だった。「また始まった…」。早朝にはけたたましくニワトリが鳴く。うるさい、眠れない、仕事ができない…。夜ごと、朝ごとに繰り返される動物たちの「大合唱」に、ついに近隣住民がキレた。ペットサロン関連施設の騒音で精神的苦痛を受けたとして、大津市に住む夫婦が、サロン経営者に計約300万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。個人宅のペットでも、鳴き声はしばしば近隣トラブルの原因になる。それがペットサロンの犬舎となれば、その音量は比較にならない。裁判所が下した判断は-。

ある日突然、隣に…

 原告となった40代の夫婦は大津市内の山間部で、約10年前から平穏な生活を送っていた。夫は会社員。妻は自宅でホームページ制作の仕事をしていた。

 だが、同市のペットサロンが夫婦宅の隣地を購入してからというもの、その環境は一変した。

 訴状などによると、ペットサロンの店舗は別の場所にあり、夫婦宅の隣地には販売するための犬を繁殖・飼育する施設が平成25年2月に設営された。昨年11月時点で、犬舎内では、トイプードルなどの小型犬約50匹がケージに入れられて飼育されていたほか、フェンスで囲まれた外の運動場では、大型犬のグレートピレニーズ2匹が放し飼いになっていた。犬以外にも、ニワトリ6羽が鶏舎で飼われていた。

 施設は普段無人で、平日に短時間、従業員や経営者本人が餌を与えに来ていたものの、掃除は行き届かず悪臭がひどかった。だが、それよりも夫婦を悩ませたのが、犬やニワトリの鳴き声だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング