産経WEST

医療ケア必要な児童生徒に看護師を派遣 神戸市教委

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


医療ケア必要な児童生徒に看護師を派遣 神戸市教委

 神戸市教育委員会は2日、人工呼吸器による呼吸管理や導尿など、医療的なケアを必要とする児童・生徒がいる市内の小中学校5校に看護師を週1回派遣する「医療的ケア支援事業」を始めた。

 市教委によると、医療ケアが必要な児童・生徒は市内に5人。これまでは看護師免許を持つボランティアや保護者が学校に付き添い、介助を行ってきた。

 保護者の負担を軽減しようと、市教委は訪問看護ステーションと契約し、看護師を週1回、学校に派遣することにした。派遣先は東灘区の中学校1校と北区、垂水区、西区の小学校4校。夏休み中に保護者らと協議し、2日から事業を始めることになった。

 市教委の担当者は「今は週1回だけだが、できれば今後、日数を増やしていきたい」と話した。

「産経WEST」のランキング