産経WEST

【関西の議論】中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区 韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区

 ファンの高齢化もあり、客の新規開拓の一環で外国人客に目を付けた。約5年前、近くの大阪南港に接岸する中国などからの大型客船のツアー客を呼び込もうと船内でのPRを企画したが、旅行会社から「法律の問題などで難しい」と断られた。

 日本で誕生した競艇の独特なルールを理解してもらおうと、中国語や韓国語のパンフレットを作成したが、きっかけがないのに競艇場に立ち寄る外国人客はおらず、今ひとつ反応がなかったという。

 同競艇場でレースを開催する箕面市競艇事業局の平田信夫参事(57)は「中国人の富裕層は香港などでカジノを楽しむが、基本的には日本のようなギャンブル文化はないことが分かった。直接、外国人客を呼ぶことはあきらめるしかなかった」と振り返る。

「在日」へのアピール作戦

 同競艇場では従来とは違うアプローチをかけようと、今年1~7月に在日中国人に競艇を体験してもらうイベントを実施した。

 平田参事は「中国人は同胞とのつながりが強い。体験した在日中国人から中国本土の中国人の友人らに、競艇の楽しさを発信してもらう作戦。すぐに効果はないかもしれないが、日本を訪れたときに『競艇に行ってみようか』となるかもしれない」と笑う。

 イベントは華僑らが読む新聞に案内の広告を掲載し、毎回50人ほどが参加。中華料理と酒を楽しみながらレースに賭け、「至れり尽くせりで新鮮な体験だった」などと好意的な感想が寄せられている。

 平田参事は「増え続ける外国人客を指をくわえて見過ごすのはもったいない。他の観光施設のように足を運んでもらえるよう息長く取り組みを続けたい」と話していた。

このニュースの写真

  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

「産経WEST」のランキング