産経WEST

【関西の議論】中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区 韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区

 担当者は「アベノミクスの入国ビザの要件緩和も追い風となり、販売数は毎年倍々ゲームで増えている。かなりの特典が付いたチケットなので、〝お得な情報〟に敏感な韓国人客らが、インターネット上で存在を広めてくれた口コミ効果も大きい」と分析する。

カラオケ店にも殺到

 外国人客であふれる大阪では、「より日本らしい観光を楽しみたい」と意外な場所が人気を集めている。

 「韓国語や中国語の曲が歌えるかどうか、アジア系の外国人客から尋ねられることが今年に入って非常に多くなった」。ジャンボカラオケ広場心斎橋店(同市中央区)の砂森康店長(27)は明かす。

 ツアーではなく、個人旅行とみられる4~8人の家族連れが1~2時間利用するケースが多く、周辺のドラッグストアで買い占めたとみられる目薬やダイエット用のサプリメントなどを大量に詰めた袋を持ち込んでいるという。

 砂森店長は「選曲用のリモコンもインバウンド向けで、文字をハングルなどで表示できるので戸惑わずに操作できる。何の曲を歌っているのか分からないが、日本人と同じように楽しんでいるようだ」と語る。

 積極的に外国人客を呼び込もうと、店の入り口に日本語、韓国語、中国語を並記した利用料金やシステムのポスターを掲示。街歩きに疲れた客を意識して、「ドリンクは無料で、休憩スペースとしても使えます」とアピールしている。

 同店を運営する東愛産業(京都市中京区)営業企画チームによると、韓国にもカラオケはあるが、著作権の整備が遅れていることもあり、気軽に歌える場所は少ない。

「韓国人や中国人ばかり。声で話していて怖い」と日本人客

このニュースの写真

  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

「産経WEST」のランキング