産経WEST

【関西の議論】中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区 韓国人観光客らに人気の「とんぼりリバークルーズ」。乗客は自撮り棒を使うなどして記念撮影を楽しんでいた=8月18日午後7時すぎ、大阪市中央区

 韓国や中国からのインバウンド(訪日外国人)でにぎわう大阪。中国人客による家電やブランド品の「爆買い」はピークを過ぎたといわれる一方、道頓堀クルーズやカラオケなど、大阪や日本ならではの体験やサービスを楽しもうとする観光へのシフトが顕著になっている。絶好の商機を逃すまいと、観光地やレジャー施設はあの手この手で取り込みに躍起。〝争奪戦〟の結果、「遊びに行ったら中国人や韓国人ばかりで外国みたいだった」と違和感を覚える日本人客も増えているが、インバウンド狂想曲は高らかに鳴り響き続けているようだ。(井上浩平)

クルーズの大半は韓国人

 「日本人はオンリーツーピーポーですね」

 8月18日午後7時すぎ、大阪・ミナミの道頓堀川を航行するクルーズ船上で、ガイドの土井祐香さん(21)がマイクで話すと外国人客からどっと笑いが起きる。約70人の乗客に「どこから来ましたか?」と尋ねたところ、約40人が韓国で、他に中国や台湾などが挙がった。「日本人だ」と答えたのは2人だけだったのだ。

 土井さんは「会社から『案内で日本語は必ずしゃべって』と言われているけど、お客さんはアジア系の外国人ばかり。普段は韓国人客が8~9割なので今日は少ないほう」と話す。

 一本松海運(大阪市北区)が運営する「とんぼりリバークルーズ」は、道頓堀川を約20分かけて遊覧船で楽しむ。「水の都・大阪らしい観光を」と、日本人観光客をターゲットとして平成17年8月に就航した。

「正直なところ、それほど見所のない川で船に乗るという単純な観光」

このニュースの写真

  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦
  • 中韓〝爆〟インバウンド争奪戦の明暗 「リモコンをハングル表示」ジャンカラ成功、住之江競艇は苦戦

「産経WEST」のランキング