産経WEST

リニューアルしたら7割増し! バイカルアザラシが人気…入場者増で好調な滋賀県立琵琶湖博物館

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


リニューアルしたら7割増し! バイカルアザラシが人気…入場者増で好調な滋賀県立琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館で入場者増の「原動力」となっているバイカルアザラシ 滋賀県立琵琶湖博物館で入場者増の「原動力」となっているバイカルアザラシ

 7月14日にリニューアルオープンした滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市下物町)の入館者数が30日、17万人を突破した。例年同時期の平均入場者数より約7割増えており、好調なスタートを切っている。

 同博物館は、水族展示室に新たな淡水生物が加わり、琵琶湖と人とのかかわりを紹介する展示室も刷新してオープンした。

 同博物館によると、先月14日から今月30日までの入場者数は17万71人。過去5年間の同時期の入場者数の平均は約10万人で、約7割も増加している。平成8年の開館以降でも2番目に多い人数といい、特に、水族展示室に新たに加わったバイカルアザラシが人気を集めている。

 刷新された「C展示室」についても、「琵琶湖の大切さを痛感できた」「クイズがたくさんあっておもしろくなっている」などという感想が寄せられたという。広報担当の渡部圭一さんは「今年は開館20周年。秋以降にもさまざまなイベントが企画されているので足を運んでほしい」とPRしていた。

「産経WEST」のランキング