産経WEST

大坂夏の陣、激戦地をめぐるスタンプラリーが好評 「真田丸」人気受け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大坂夏の陣、激戦地をめぐるスタンプラリーが好評 「真田丸」人気受け

歴史散策が楽しめる「大坂夏の陣 激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー」=大阪市天王寺区 歴史散策が楽しめる「大坂夏の陣 激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー」=大阪市天王寺区

 同会は、ゆかりのある社寺にスタンプラリー実施の了解を得たうえで、一心寺職員で現代美術作家の植村佳菜子さん(44)にスタンプと冊子のデザインを依頼。植村さんは「大坂夏の陣図屏風」などをもとに、徳川家康や松平忠直、毛利勝永らの武将を“ゆるキャラ”風にアレンジを加えたスタンプを作った。冊子も手書き文字にすることで味わい深く表現し、裏面に押印所を記した地図も掲載している。

 押印所は、家康の信仰があつかった堀越神社▽幸村終焉の地とされる安居神社▽大坂冬の陣では家康、夏の陣では幸村が本陣を構えた茶臼山(存牟堂)▽豊臣軍が陣を張った四天王寺▽本多忠朝の墓や家康を幸村の攻撃から守ったという霧降(きりふり)の松がある一心寺▽真田十勇士の物語で穴山小助が戦死した庚申(こうしん)堂-の6カ所。

 参加者の間では「歴史がわかり、散策がより楽しくなった」との声があがっており、同会の山口和子会長(65)は「スタンプラリーを通じて、戦国時代最大にして最後といわれる大坂夏の陣を体感してほしい」と話している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング