産経WEST

大坂夏の陣、激戦地をめぐるスタンプラリーが好評 「真田丸」人気受け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大坂夏の陣、激戦地をめぐるスタンプラリーが好評 「真田丸」人気受け

歴史散策が楽しめる「大坂夏の陣 激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー」=大阪市天王寺区 歴史散策が楽しめる「大坂夏の陣 激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー」=大阪市天王寺区

 NHK大河ドラマ「真田丸」が佳境を迎えるなか、大坂夏の陣の激戦地で知られる四天王寺・茶臼山界隈(大阪市天王寺区)をめぐる「大坂夏の陣 激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー」が好評だ。押印用の冊子には、戦国武将・真田幸村(信繁)ゆかりの地や豊臣軍と徳川軍が激突した戦場跡など6カ所の見どころが紹介され、関係者たちは「地域活性化にもつなげたい」と期待を寄せている。(上岡由美)

 スタンプラリーを企画したのは、地元の「てんのうじ観光ボランティアガイド協議会」(同区)。一昨年と昨年に大坂冬の陣・夏の陣から400年を迎えたのに加え、大河ドラマのクライマックスである大坂の陣に突入するため、「注目が集まる絶好の機会に、天王寺の魅力を知ってもらおう」と企画された。

 大坂の陣の史跡は、大阪城(中央区)をはじめ、市内広範囲にわたっているが、スタンプラリーでは夏の陣最終決戦となった天王寺区内の戦場跡に絞った。この地は、慶長20(1615)年の「天王寺口合戦」で、真田幸村らの豊臣軍と徳川軍が激戦を繰り広げた。その結果、豊臣軍が敗北し、大坂城落城につながった因縁の地にもなっている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング