産経WEST

ユニチカ用地売却で提訴 住民ら愛知・豊橋市に損賠請求を求め 「所有権ない」と市当局

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ユニチカ用地売却で提訴 住民ら愛知・豊橋市に損賠請求を求め 「所有権ない」と市当局

 ユニチカが愛知県豊橋市から譲り受けていた工場用地を巡り、同社が事業所を閉鎖したのに市に返還せず売却したのは用地提供の際の契約に違反するとして、住民130人が23日、ユニチカに63億円の損害賠償を請求するよう市に求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 訴状によると、昭和26年、市は工場を誘致するため、ユニチカの前身企業に用地約27万平方メートルを無償譲渡した。契約では「使用放棄した部分は市に返還する」と定めていたが、ユニチカは昨年、事業所を閉鎖した後、用地を積水ハウスに約63億円で売却したという。

 宮入興一原告団長は提訴後に記者会見し「豊橋市は広大な土地の売却を黙認しており、市民に無断で権利を放棄したのと同じだ」と返還請求しない市の対応を批判した。

 市の担当者は取材に「市に用地の所有権はないと考えており、契約の規定についての解釈に争いがある」と話した。

「産経WEST」のランキング