産経WEST

シャープ、給与一律カット見直し 戴社長「再建やり遂げたい」実績重視へ舵

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、給与一律カット見直し 戴社長「再建やり遂げたい」実績重視へ舵

シャープ本社=堺市 シャープ本社=堺市

 台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建を目指すシャープの戴正呉(たい・せいご)社長は21日、産経新聞の取材に対し、全社員を対象に実施している給与カットを9月支給分から見直す方針を明らかにした。今後は、より成果を重視した人事評価に改め、社員の努力を促す。

 鴻海グループ副総裁の戴氏は、13日付でシャープの社長に就任した。21日に堺市のシャープ本社で幹部会議を開き、中長期の経営方針などを議論。夏季休暇明けにあたる22日、就任後初めて全社員に向けて経営方針を伝え、新体制を始動させる。

 シャープは平成24(2012)年に巨額赤字を計上して以来、全社員を対象にした給与、賞与カットを繰り返している。27年8月からは管理職で5%、一般社員2%の給与の減額をしている。

 産経新聞の取材で戴氏は、こうした給与の一律減額を見直す一方で、自身のシャープ役員としての報酬は受け取らない意向を明らかにし、「私は鴻海の役員でもある。今はシャープの再建をやり遂げたいという思いだ」と述べた。

 シャープでは、経営危機と買収交渉の長期化で同業他社などへの人材流出が続き、再建への影響が懸念されており、実績をより評価する給与システムを取り入れ、優秀な人材を確保する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング