産経WEST

世界遺産目指す百舌鳥・古市古墳群に5つの課題、文化庁が「世界の人がわかる説明を」と注文

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界遺産目指す百舌鳥・古市古墳群に5つの課題、文化庁が「世界の人がわかる説明を」と注文

世界遺産登録へ向けて、文化庁から課題が示された百舌鳥古墳群=堺市(本社ヘリから、寺口純平撮影) 世界遺産登録へ向けて、文化庁から課題が示された百舌鳥古墳群=堺市(本社ヘリから、寺口純平撮影)

 国の文化審議会特別委員会(7月25日開催)で、平成30年の世界文化遺産登録を目指す国内候補から惜しくももれた「百舌鳥(もず)・古市古墳群」(堺市、藤井寺市、羽曳野市)。文化庁から、古墳の大きさや形で示した階層性(社会的地位)の分かりやすい説明など5項目の課題が示された。4度目の世界文化遺産候補挑戦となる来年に向け、府と3市でつくる登録推進本部会議は課題の検討に入った。(張英壽)

 文化庁から示されたのは、今年3月に同庁に提出した推薦書原案に対する課題で、修正を求められたことになる。

 課題では、世界遺産登録に必要な「顕著な普遍的価値」をめぐりまず2つの注文があった。「階層性が示す『顕著な普遍的価値』の合理性の検討」と「構成資産がどう『顕著な普遍的価値』に貢献しているか」だ。

 推薦書原案では、古墳群が前方後円墳や円墳、方墳という多様な形、また全長400メートル以上から20メートル程度までさまざまな大きさがあることから、形や大きさで5つに分けた社会的な階層と、古墳の巨大さを「顕著な普遍的価値」とした。

続きを読む

「産経WEST」のランキング