産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】「泳ぎ続けるブリのように休まない」北翔のサヨナラ公演 演出家・岡田敬二氏7年ぶり新作レビュー語る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋本奈実の芸能なで読み】
「泳ぎ続けるブリのように休まない」北翔のサヨナラ公演 演出家・岡田敬二氏7年ぶり新作レビュー語る

新作レビューなどを語る、宝塚の演出家で日本レビュー界の第一人者の岡田敬二さん 新作レビューなどを語る、宝塚の演出家で日本レビュー界の第一人者の岡田敬二さん

入団53年目、榛名由梨と“同級生”

 宝塚歌劇団星組のトップスター、北翔海莉さんのサヨナラ公演が8月26日~10月3日、宝塚大劇場で上演される。芝居とショーの2本立て。「ロマンス!!(Romance)」は、日本のレビュー界の第一人者である宝塚の演出家、岡田敬二さんが手掛けてきたロマンチック・レビュー・シリーズの19作目となる。

 「大劇場作は7年ぶりなんですよ。その間に全国ツアーやリサイタルなどをやっていたんですけど」。トレードマークの“ソフト帽”をテーブルに置き、笑顔で切り出す。いつもダンディーな方だ。

 御年75歳。宝塚歌劇団は「入団53年目。榛名由梨さんと同級生です」と笑う。70年代には、米国と英国に半年ずつ留学し、見識を深め、82年「ジュテーム」から、宝塚レビューの伝統である華やかで美しい世界を描くロマンチック・レビュー・シリーズをスタートさせた。

 19作目の「ロマンス!!-」は全場面が新作。「ロマンをテーマに恋愛や冒険、友情をバラエティーに描いた」レビュー。ロマンチック・レビューらしく、オープニングはあじさい色を基調に色彩豊かに展開。ロックンロールの場面、ハンフリー・ボガート主演映画「裸足の伯爵夫人」の主題歌を使った場面、男の友情と絆を表現するスピーディーで激しいダンスの場面、北翔さんの歌唱を堪能できる場面など盛りだくさんという。

 北翔さんの魅力を「説得力のある、飛び抜けた歌唱力」と表現した岡田さん。「彼女はトップになるまでの下積み時代が長かったので色んな事ができるし、新しいことに挑戦したいチャレンジャーでもあるから」。エンターテインメント性に富んだ作品にできたそう。「彼女は周囲に気を配り、組を盛り上げながら、常に走り続けている。まるで泳ぎ続けるブリのように、休まない」と笑わせた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング