産経WEST

【鉄道ファン必見】「バタデン」86年ぶりに新車導入へ…ボックスシートとロングシート組み合わせ座席数増加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「バタデン」86年ぶりに新車導入へ…ボックスシートとロングシート組み合わせ座席数増加

報道公開された一畑電車の新造車両=鳥取県米子市 報道公開された一畑電車の新造車両=鳥取県米子市

 島根県の宍道湖北岸を走り、社名から「バタデン」の愛称で親しまれる一畑電車(同県出雲市)は19日、86年ぶりに導入する新造車両を報道陣に公開した。1両編成で12月から運行する。

 同社によると、新造車両の定員は129人。ボックスシートとロングシートを組み合わせ、座席数が従来のものより20席近く増えた。公開された車体の側面はステンレス製で無地だが、全体をラッピングする予定で、デザインは9月に公募を始める。来年3月までにもう1両導入する。

 一畑電車は松江市と出雲大社などを結び、計約42キロを運行。利用者数の低迷のため、県と松江、出雲両市でつくる沿線地域対策協議会から支援を受けており、新造車両購入もその一環。

 最後の新車両導入は昭和5年の「デハニ50形」で、平成21年に営業運転から引退している。現在運行している車両はすべて他社の中古。同社の担当者は「新車は乗り心地がいいと思うので、多くの人に乗りに来てほしい」と期待を込めた。

このニュースの写真

  • 「バタデン」86年ぶりに新車導入へ…ボックスシートとロングシート組み合わせ座席数増加

「産経WEST」のランキング