産経WEST

「関西コンビニ戦争」セブン-イレブンが近畿でも店舗数1位に、ローソンの牙城崩す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「関西コンビニ戦争」セブン-イレブンが近畿でも店舗数1位に、ローソンの牙城崩す

関西での店舗数が1位になったセブン-イレブン 関西での店舗数が1位になったセブン-イレブン

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、近畿2府4県の店舗数で大阪発祥のローソンを抜いて首位になったことが18日、分かった。近畿のコンビニ業界では、かつて阪神地区を地盤に勢力を誇った流通大手、ダイエーの子会社として創業したローソンが長らく存在感を示してきた。しかしセブンはJR西日本の駅構内進出などで勢いを増し、ローソンの牙城を崩した格好だ。

 近畿2府4県の7月末時点の店舗数は、ローソンの2393店に対し、セブンが2433店で40店上回った。3位のファミリーマートは2081店。

 セブンは昭和49年に東京都江東区で、ローソンは50年に大阪府豊中市で第1号店をオープンさせ、ともに全国展開を進めてきた。ただ、セブンが大阪へ進出したのは平成3年で、ローソンより16年も遅い。

 しかし、ローソンの近畿での店舗拡大が一段落する中、セブンはJR西の駅構内売店「キヨスク」の近畿圏約150店をコンビニに転換するなど、店舗数拡大を加速していた。

 セブンは今年3月からの1年間で国内の店舗を約1200店増やし、約1万9800店とする目標を掲げている。人口は減少局面にあるが、セブンでは「路面店から駅や病院といった施設内へ、また若者から女性やお年寄りへとニーズが広がっている」(広報)と指摘。今後も戦略次第で需要を喚起できるとみて、新規出店を進める考えだ。

このニュースの写真

  • 「関西コンビニ戦争」セブン-イレブンが近畿でも店舗数1位に、ローソンの牙城崩す

「産経WEST」のランキング